過去の企画展

  • 企画展
  • 終了

北斎のなりわい大図鑑
2019年4月23日(火) 〜 2019年6月9日(日)
本展では、北斎の新発見の肉筆画「蛤売り図(はまぐりうりず)」をはじめとした、北斎一門により江戸時代の生業(なりわい)が描き出された作品を展示します。
なりわいとは一般的に、生活をするための仕事を意味します。生活にむすびついている仕事はその社会のありかたを映します。江戸時代には、現在ではなじみのなくなってしまった職業がある一方、現代の商売のルーツになる生業も存在します。北斎の作品には、江戸時代の様々な働く人々が描かれています。仕事に注目して制作された作品もあれば、景色の中に登場することもあります。働く人々に向けられた北斎のまなざしを通して、江戸の生業をご紹介します。
  • 常設展プラス
  • 終了

隅田川両岸景色図巻(複製画)と北斎漫画
2019年2月5日(火) 〜 2019年6月9日(日)
当館所蔵の版本『北斎漫画』など貴重書の展示や、「隅田川両岸景色図巻(複製画)」の絵巻を、全長7mに拡げた状態でご覧いただける展示です。
  • 企画展
  • 終了

北斎アニマルズ
2019年2月5日(火) 〜 2019年4月7日(日)
動物は絵画の不朽のモチーフであり、北斎も多くの作品を残しています。その表現方法も、描かれる対象の性格を捉え、癒されるようなかわいらしい表現から、写実的な画法による思いもよらない個性的な表現まで多岐に渡ります。北斎の動物には、繊細な表情を伝えるような特徴的な目で描かれたものもあります。
本展では、北斎とその門人の描いた動物や、玩具や道具としてデザイン化された動物、物語や伝記などの文脈と共に描かれた動物や、創造の生き物など、絵画の中のさまざまな動物を紹介します。