新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―

  • 企画展
  • 開催中

新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―

2020年9月15日(火) 〜 2020年11月8日(日)
多くが初公開となる新収蔵作品の中から学芸員が選んだ50作品についてご紹介する展覧会。
会期
9/15(火)~11/8(日)※前後期で一部展示替えあり
◎前期 9月15日(火)から10月11日(日)
◎後期 10月13日(火)から11月8日(日)
開館時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日
※開館:9月21日(月・祝)
 休館:9月23日(水)
主催
墨田区・すみだ北斎美術館

 

企画展概要

墨田区では平成元年(1989)以来、北斎及び門人に関わる資料を幅広く収集してきました。その内容は北斎を代表する作品である「冨嶽三十六景」シリーズの版画から当館でしか所蔵していない希少な肉筆画まで多岐にわたります。本展では、平成28年(2016)の当館開館以降に新たに収集した肉筆画、版画、版本の中から当館学芸員が選んだ50点の作品を展示し、開館以来の収集の成果の一端をご紹介します。展示作品の多くが初公開となります。北斎の魅力や影響力を改めて実感していただく機会となれば幸いです。北斎及び門人たちによる名作の数々をお楽しみください。

主な展示作品

作品リスト

「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」

YouTubeギャラリートーク

「新収蔵品展―学芸員が選んだおすすめ50―」開催にともない、
本展を企画した学芸員が、当館公式YouTubeチャンネルを通して展示中の作品の魅力をご紹介します。
 
日程(会期中4回を予定)
①9/26(土)   紹介作品|「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(前期展示作品)吉野石膏コレクション、すみだ北斎美術館寄託
②10/3(土)   紹介作品|「百人一首うはかゑとき 安倍仲麿」(前期展示作品)すみだ北斎美術館蔵
③10/24(土) 紹介作品|「冨嶽三十六景 山下白雨」(後期展示作品)吉野石膏コレクション、すみだ北斎美術館寄託
④10/31(土) 紹介作品|「蛤売り図」(後期展示作品)すみだ北斎美術館蔵       
※公開日及び紹介する作品は変更する可能性があります。
 

観覧料

観覧料
一般
高校生・大学生
65歳以上
中学生
障がい者
小学生以下
個人
1,000円
700円
700円
300円
300円
無料
団体
800円
560円
560円
240円
240円
無料
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。
 

団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)。
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。​

ご来館にあたってのお願い

ご入館時にはマスクの着用や手指の消毒等のご協力をお願いしております。
詳細は「再開にあたりご来館のお客様へご協力のお願い」」(2020/05/28)をご一読ください。