GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ

  • 特別展
  • 予告

GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ

2020年11月25日(水) 〜 2021年1月24日(日)
いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には、様々な説があります。本展監修者で漫画・諷刺画研究家の清水勲氏は、江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。

幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の「戯画」は様々な事柄を時にユニークに、時に辛らつに伝えました。そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に「戯画」は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立しました。

本展では、江戸時代の浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画までの、日本の漫画の変遷を展覧します。
会期
2020/11/25(水)~2021/1/24(日)
◎前期  2020年11月25日(水)-12月13日(日)
◎中期  12月15日(火)-2021月1月3日(日)
◎後期  1月5日(火)-1月24日(日)
開館時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日
年末年始(12/29(火)~1/1(金))
会場
すみだ北斎美術館
主催
墨田区・すみだ北斎美術館、毎日新聞社
監修
清水勲(漫画・諷刺画研究家、元京都国際マンガミュージアム研究顧問、元帝京平成大学教授)
協力
京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム

 

 

観覧料

観覧料
一般
高校生・大学生
65歳以上
中学生
障がい者
小学生以下
個人
1,200円
900円
900円
400円
400円
無料
団体
800円
560円
560円
240円
240円
無料
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。
 

団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)。
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。​

ご来館にあたってのお願い

ご入館時にはマスクの着用や手指の消毒等のご協力をお願いしております。
詳細は「再開にあたりご来館のお客様へご協力のお願い」」(2020/05/28)をご一読ください。