組織

名誉館長からのメッセージ

名誉館長 : 宮内 義彦
オリックスグループ シニア・チェアマン

北斎は自らの画風をとことん探究し、常に時代の先を見据えながら画業に情熱を注ぎました。
この北斎の取り組みや精神は、現代社会において新しい価値を創造するきっかけを与えてくれるはずです。
すみだ北斎美術館は、北斎の画業をお楽しみ頂くと共に「成長する美術館」をめざしてまいります。
日本の伝統文化の象徴ともいえる北斎の魅力を、様々な切り口で国内外に強く発信していきます。

館長からのメッセージ

館長 : 橋本 光明

隣接する緑町公園から子どもの元気な声が再び響き渡るようになりました6月上旬、すみだ北斎美術館は、「常設展」と「常設展プラス」の二つの展示室を再開しました。下旬には、本年度最初の企画展を開催する運びとなりました。新型コロナウィルスによる外出自粛が緩和され、開館を待ちわびていらした皆さまが、北斎の作品の前に立ち、心ゆくまでご覧いただける日が来ましたことを館職員一同、大変嬉しく思っております。
コロナ禍によって日常の生活や生き方などを見直すことが多くなりました。日常生活におけるさまざまな主題をスケッチした北斎は、この現在の状況を卓越した描写力と独特の構図や構成力によってどうのように表現するのでしょうか。そのような思いを募らせるほどに北斎の作品は、時間や国境を越えて世界の人達に新鮮な感動を与え続けています。
北斎が生まれて260年を迎えた節目の年に当たり、展覧会やイベントなどを通じて多彩な画業を紹介いたします。新しい生活のあり方を模索しています現在、江戸時代の生活感覚や暮らしぶりなどをご覧いただいたり、優れた技量や表現を堪能したり、北斎の世界に入り込んだりして愉しい時間をごゆっくりお過ごしください。