北斎没後170年記念 北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展

  • 企画展
  • 開催中

北斎没後170年記念 北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展

2019年11月19日(火) 〜 2020年1月19日(日)
小布施から北斎晩年の傑作 祭屋台天井絵「鳳凰」「男浪」がやってくる!
2019年は世界的に名高い浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)の没後170年にあたります。この節目に、すみだ北斎美術館では、11月19日(火)から2020年1月19日(日)まで、「北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展」を開催。北斎館所蔵の名品を、当館(東京・墨田区)で展示します。
北斎館は、北斎が晩年に訪れた長野県上高井郡小布施町に昭和51年に開館しました。「北斎 視覚のマジック」と題し、構図や形に不自然な構築的要素を加えているにも関わらず、不自然さを感じさせない作品を制作した北斎の魅力に迫ります。初期から晩年に至る肉筆画をはじめ、代表作の錦絵「冨嶽三十六景」など、前後期あわせて北斎館所蔵の作品約130点が展示される珍しい機会です。ふだんは小布施・北斎館でしかみられない北斎の名品を、すみだ北斎美術館でご堪能ください。
会期
2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)
◎前期 11月19日(火)~12月15日(日)
◎後期 12月17日(火)~1月19日(日) ※前後期で一部展示替えを実施
開館時間
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日
年末年始:12/29(日)-1/1(水)
開館:2020年1月13日(月・祝)
休館:2020年1月14日(火)
協力
北斎館

展示の見どころ

見どころ1 観る人を圧倒するスケールで描かれた祭屋台天井絵「男浪」「鳳凰」
小布施・北斎館に展示されている東町祭屋台と上町祭屋台は、各屋台に2面ずつ、北斎によって描かれた天井絵が飾られています。東町祭屋台天井絵には「龍」と「鳳凰」、上町祭屋台天井絵には「男浪」と「女浪」が描かれています。本展ではその中から「鳳凰」と「男浪」を展示。圧倒的なスケールで描かれた祭屋台天井絵「鳳凰」「男浪」を目線の高さでご覧いただけます。

 
左:東町祭屋台天井絵 鳳凰 小布施町東町自治会所蔵、北斎館寄託(通期)
右:上町祭屋台天井絵 男浪 小布施町上町自治会所蔵、北斎館寄託(通期)

見どころ2 肉筆画に観る北斎の息遣い
「日新除魔」を前後期に分けて4点ずつ展示します!
小布施・北斎館は「画狂人葛飾北斎の肉筆画美術館」と称するほど北斎の肉筆画のコレクションが充実しています。中でも、北斎が放蕩の孫の悪魔祓いとして毎日描いた獅子の絵「日新除魔」は、作画の経緯が知られるものであり、北斎の生涯を知る上でも貴重な作品です。

  
「日新除魔」より 左:十月十日(前期)、中央:十月十一日(後期)、右:霜月十三日(後期) いずれも北斎館蔵

北斎館所蔵の『肉筆画帖』を前後期に分けて全て展示​!

『肉筆画帖』は10図全てが揃っているものは全国で3件しか確認されていません。
本展では北斎館所蔵の『肉筆画帖』を前後期に分けて全て展示します。

  
『肉筆画帖』より「塩鮭と白鼠」(後期)、北斎館蔵

その他、美人画や動物画など、北斎の繊細な筆致がうかがえる肉筆画の名品を展示します。
※北斎の絶筆ともいわれる「富士越龍」は前期展示となります。
 
左:「柳下傘持美人」(後期)、右:「富士越龍」(前期)、いずれも北斎館蔵

上記に加え、北斎館が所蔵する「冨嶽三十六景」「諸国名橋奇覧」「琉球八景」などの版画や、摺物(*)、版本も展示します。​
摺物(*):版画のなかでも、本屋などで売られる錦絵とは異なり、狂歌師や長唄の師匠らが個人的に発注したプライベートな配物の版画のこと。

作品リスト

「北斎没後170年記念 北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展」

観覧料

  一般   高校生・大学生   65歳以上   中学生   障がい者 
 個人  1,200円  900円    900円  400円  400円 
 団体   960円  720円    720円  320円  320円 

※団体は有料のお客様20名以上。 
※小学生以下は無料。 
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。 
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。 
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)。 
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)もご覧になれます。​

前売券

■前売券の券種
   一般  高校生・大学生   65歳以上   中学生   障がい者 
  令和元年10月19日から令和元年11月18日まで   960円   720円    720円  320円  320円 
令和元年11月19日から令和2年1月19日まで    1,200円   900円    900円  400円  400円 

※会期前と会期中で販売価格が異なりますのでご注意ください。
※一般の方以外は、入館の際に身分証のご提示をお願いする場合があります。
※小学生以下は、無料で入館できます。
※販売枚数は、お一人様につき10枚までとします。
※団体(20名以上)の場合は、美術館に事前申請し、美術館で入館日当日に購入してください。
※会期中の観覧日に限り、常設展もご覧になれます。

■販売期間
令和元年10月19日(土)から令和2年1月19日(日)の会期終了日まで
※無くなり次第、販売終了となります。

■販売場所
・第一ホテル両国(墨田区横網1-6-1)
・東武ホテルレバント東京(墨田区錦糸1-2-2)
・モクシー東京錦糸町(墨田区江東橋3-4-2)
・両国ビューホテル(墨田区両国2-19-1)
・吾妻橋観光案内所(墨田区吾妻橋1-23-20)
・産業観光プラザ すみだ まち処(墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ5F) 
・両国観光案内所(墨田区横網1-3-20 -両国-江戸NOREN 1F)
※販売開始時間は午前9時から (まち処と両国観光案内所は午前10時から)
※すみだ北斎美術館1階受付では、10月19日(土)から11月17日(日)までの期間に限り、前売券を販売します。
 販売時間は午前9時30分から午後5時までとなります。


―前売り券のお問い合わせー
すみだ北斎美術館 墨田区亀沢二丁目7番2号 ℡03-6658-8936

 

チケット割引

本展の観覧料が20%OFFになる<割引サービス>をご用意しました。
※いずれも他割引との併用はできません。

【企画展特別割引】
★SPECIAL1【ながのさん、おぶせさん割引】

北斎館の所在地にちなみ「ながの」さん、「おぶせ」さんは、特別割引でご覧いただけます。お名前のわかる身分証明書をご提示ください。
※対象:お名前の読みが「ながの」さん、「おぶせ」さんの方。(ご本人様のみ)

★SPECIAL2【長野県民割引】
北斎館は所在地が長野県にあることから、長野県民の方は、特別割引でご観覧いただけます。受付にてチケットご購入時に、お住まいのわかる身分証明書をご提示ください。(ご本人様のみ)

★SPECIAL3【ドラゴン割引】
 今回の企画展目玉作品の1つ「富士越龍」(前期)にちなみ、“ドラゴン(龍)”の描かれている物を身に着けて当館にお越しいただいた方は、特別割引でお楽しみいただけます。
※対象:受付にてチケットご購入時に、ドラゴン(龍)のアイテムを身に着けている方。(ご本人様のみ) 

【リピーター割引】
本展の観覧券半券を受付でご提示いただくと、20%OFFでご観覧いただけます。作品保護のため、また、より多くの作品をご紹介するため、前期と後期で作品の展示替えを行います。本展の前期・後期のみどころの作品をぜひ制覇してください。

【メルマガ割引】
メールマガジン本文の画面、もしくは印刷したものを受付にてチケットご購入時にご提示の方は、20%OFFでご観覧いただけます。メルマガは毎月1日配信中!学芸員による企画展の見どころ解説や、図書室のオススメ本、ミュージアムショップの新アイテム、イベント予定など、旬な情報を集めた内容です。

【近隣施設半券割引】
◆すみだトリフォニーホール主催・共催の対象公演の半券提示
⇒すみだ北斎美術館の常設展または企画展について団体割引料金でご覧いただけます。

◆ぐるっとパス2019のご利用
⇒すみだ北斎美術館の常設展について無料、企画展について団体割引料金でご覧いただけます。

【お誕生月割引】
本企画展開催中の11月から1月生まれの方は(ご本人のみ)誕生月に割引料金でご入館いただけます。入館時にチケットカウンターにて、お誕生月のわかる身分証明書をご提示ください。
※対象:11、12、1月がお誕生月の方(誕生日当日でなくても利用可)