THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―

  • 特別展
  • 開催中

THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―

2021年7月20日(火) 〜 2021年9月26日(日)
二大名品「冨嶽三十六景」シリーズと幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を中心に、北斎を代表する作品約100点を前期・後期にわけ展観。錦絵「桜に鷹」等の版木を使用した火鉢も初公開!
会期
2021年7月20日(火)~9月26日(日) ※前後期で一部展示替え予定
前期: 7月20日(火)~8月22日(日)
後期: 8月24日(火)~9月26日(日)
開館時間
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日
開館:8月9日(月・振替休日)、9月20日(月・祝)
休館:8月10日(火)、9月21日(火)
主催
墨田区・すみだ北斎美術館

 展覧会概要

≪極上の北斎、揃えました。≫
すみだ北斎美術館が所蔵する二大名品「冨嶽三十六景」シリーズと、当館開館記念展で約100年ぶりの再発見として話題となった幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を中心に、人気の高い北斎作品約100点を前期・後期にわけ展観します。今回はじめて「冨嶽三十六景 山下白雨」のバージョン違いを並べて展示、また北斎の錦絵「桜に鷹」等の版木を使用した火鉢を初公開するなど、見どころの多い展覧会です。北斎の名作の数々を通して、日本の四季の美しさ、江戸時代より観光スポットとして知られる隅田川周辺の名所を紹介しながら、北斎のたぐい稀な筆力と発想力をご堪能いただきます。

◆錦絵「桜に鷹」と、その版木を使用した火鉢を一緒に展示
錦絵「桜に鷹」の制作に使われたとみられるオリジナルの版木を使用した〈葛飾北斎「桜に鷹」ほか四面版木火鉢〉を、今回ともに展示します。〈葛飾北斎「桜に鷹」ほか四面版木火鉢〉は、本展が初公開となる資料です。北斎の一枚摺りの錦絵の版木自体、極めて珍しく、資料としても大変貴重です。


◆北斎を代表する三大錦絵シリーズ
 「冨嶽三十六景」、「諸国瀧廻り」、「諸国名橋奇覧」

北斎を代表する三大錦絵シリーズ「冨嶽三十六景」(全46図)、「諸国瀧廻り」(全8図)、「諸国名橋奇覧」(全11図)を前期・後期にわけ全て展示します。各シリーズの全貌をご覧いただくとともに、1つの主題を多様なパターンで描き分けた北斎の発想力と筆力をご紹介します。


◆「冨嶽三十六景 山下白雨」
 摺りの状態が異なるものや変わり図の比較(前期展示)

初摺に近い「冨嶽三十六景 山下白雨」(左上)は、とくに右下の雷がシャープな線で鋭く表現されています。初公開する変わり図(左下)は、山裾に松林が加えられています。


◆約7mの絵巻「隅田川両岸景色図巻」(通期展示 *前期・後期で巻替え

このほか、すみだ北斎美術館が誇る「これぞ北斎」と呼ぶにふさわしい錦絵、摺物、版本など、合計約100点を展示します。

作品リスト

「THE北斎 ー冨嶽三十六景と幻の絵巻ー」作品リスト

観覧料

   
一般
高校生・大学生
65歳以上
中学生
障がい者
小学生以下
個人
1,200円
900円
900円
400円
400円
無料
団体
800円
560円
560円
240円
240円
無料
※観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)もご覧になれます。
 

団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)。
※観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)もご覧になれます。​

 ご来館にあたってのお願い

すみだ北斎美術館では、新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みを引き続き行います。
ご来館の皆さまに、マスクの着用や手指の消毒等のご協力をお願いしています。
館内の人数が上限値を超えた場合は、入場制限を行う場合があります。
そのほか詳細は「ご来館のお客様へのお願い」をご一読ください。