過去のイベント

  • イベント
  • 終了

綴プロジェクト高精細複製画「十二ヶ月花鳥図」特別展示

2020年8月4日(火) 〜 2020年8月30日(日)
「十二ヶ月花鳥図」は右から順に1月から12月までの各月に対応する花鳥図が描かれています。落款がないことから作者について議論もありましたが、精緻な描写や動物たちの姿から現在では北斎の作品と考えられている肉筆画「十二ヶ月花鳥図」(フリーア美術館蔵)の高精細複製画を特別展示します。
  • イベント
  • 終了

綴プロジェクト高精細複製画「遊女図」「鍋冠祭図」特別展示

2020年6月30日(火) 〜 2020年8月2日(日)
「遊女図」には、はだけた着物の端を口に含む遊女の艶やかな姿が描かれており、落款からは北斎が宗理を名乗っていた頃の作品であることが分かります。「宗理様式の美人」と呼ばれる描き方のスタイルが完成される前の作品です。「鍋冠祭図」は、滋賀県米原市の筑摩神社で古くから行われ、『伊勢物語』の中にも詠われる鍋冠祭を描いた作品です。この伝統的なお祭りは今でも毎年5月初旬に行われています。
上記2点の高精細複製画を特別展示します。
  • イベント
  • 終了
  • 中止

【臨時休館】綴プロジェクト高精細複製画「鍋冠祭図」特別展示

2020年4月21日(火) 〜 2020年5月10日(日)
鍋冠祭は滋賀県米原市の筑摩神社で古くから行われている伝統的なお祭で『伊勢物語』の中にも詠われています。今でも毎年5月初旬に行われているこのお祭りを描いた北斎の肉筆画「鍋冠祭図」の高精細複製画を特別展示します。
  • イベント
  • 終了

綴プロジェクト高精細複製画「漁樵問答図」特別展示

2020年3月20日(金) 〜 2020年4月5日(日)
北斎が数え90歳で描いた一図で、斧にもたれながら満足気に煙草をくゆらす樵(きこり)と、竿を肩にかつぎ岩に腰掛けながら、口元に笑みを浮かべ遠くを見つめる漁師が描かれています。北斎が亡くなった年に描かれた絶筆に近い貴重な本図の高精細複製画を特別展示します。