イベント

  • イベント
  • 開催中

「ポーランドと日本」紹介パネル展示

2019年11月8日(金) 〜 2020年10月31日(土)
2019年の日本・ポーランド共和国国交樹立100周年記念と開館3周年記念に際し、ポーランドや日本美術・技術博物館マンガ(在ポーランド クラクフ)と日本の関係性をご紹介するパネルを展示いたします。
  • イベント
  • 開催中

綴プロジェクト高精細複製画「富士田園景図」「鍋冠祭図」特別展示

2020年9月15日(火) 〜 2020年10月11日(日)
富士山を奥に望む雄大な田園風景を描いた北斎の肉筆画「富士田園景図」(フリーア美術館蔵)は、同じく富士をテーマとした版画の代表作「冨嶽三十六景」と同時期の作と考えられています。1893年にボストンで開催された歴史上初めての北斎展にも展示されました。「鍋冠祭図」(フリーア美術館蔵)は、滋賀県米原市の筑摩神社で古くから行われ、『伊勢物語』の中にも詠われる鍋冠祭を描いた作品です。この伝統的なお祭りは今でも毎年5月初旬に行われています。上記2点の肉筆画の高精細複製画を特別展示します。
  • イベント
  • 予告

綴プロジェクト高精細複製画「富士田園景図」「漁樵問答図」特別展示

2020年10月13日(火) 〜 2020年11月8日(日)
富士山を奥に望む雄大な田園風景を描いた北斎の肉筆画「富士田園景図」(フリーア美術館蔵)は、同じく富士をテーマとした版画の代表作「冨嶽三十六景」と同時期の作と考えられています。1893年にボストンで開催された歴史上初めての北斎展にも展示されました。
北斎が数え90歳で描いた「漁樵問答図」(フリーア美術館蔵)には、斧にもたれながら満足気に煙草をくゆらす樵(きこり)と、竿を肩にかつぎ岩に腰掛けながら、口元に笑みを浮かべ遠くを見つめる漁師が描かれています。北斎が亡くなった年に描かれた絶筆に近い貴重な作品です。上記2点の肉筆画の高精細複製画を特別展示します。