イベント

  • イベント
  • 予告

「無視覚流」まちあるきで知る、北斎と隅田川

2018年11月4日(日) 〜 2018年11月4日(日)
江戸のころには「大川」と呼ばれた今日の「隅田川」。すみだの地で生涯のほとんどを過ごした葛飾北斎も、水辺の景色に目を向け、川にかかる橋や往来する船、涼を求めて集う人々を描きました。そして晩年には、隅田川に臨む牛嶋神社の近くに暮らして、絵馬「須佐之男命厄神退治之図」を奉納しています。
今回は、そんな北斎の足跡に思いを馳せながら、「無視覚流」※の先達、広瀬浩二郎さんと隅田川の界隈を歩き、船に乗って川面から、いまの隅田川の姿を捉えていきます。視覚に頼らず、聴覚や嗅覚、触覚を働かせて、水音や鳥の声に耳を澄ませ、潮の匂いに海を感じ、波にたゆたう船の上で自らの感覚をひらいていくワークショップです。
あわせて、北斎作品に表された隅田川両岸の風景や「橋の博物館」とも称される隅田川の多彩な橋のかたちについて、さわれる資料を用いながら、そのおもしろさを発見し参加者相互に伝え合う機会としていきます。
東京2020オリンピック・パラリンピックを経た共生社会の実現に向けて、「視覚を使わない」ことで感じる世界を広げ、他者との差異を超えたコミュニケーションをはかる試みです。どうぞご参加ください。

※「無視覚流」とは
講師の広瀬浩二郎氏が提案する、視覚を使わずに作品を鑑賞する方法。参加者は、アイマスクを着けて聴覚や触覚を頼りに、ペアを組んだ人に手引きしてもらいながら街を歩きます。
  • イベント
  • 予告
  • 募集中

すみだ北斎美術館 たてものツアー

2018年11月10日(土) 〜 2018年11月10日(土)
平成28年11月22日、東京の下町に斬新なデザインの外観をもつ「すみだ北斎美術館」がオープンしました。
北斎縁の地に建つ当美術館は世界的に有名な建築家、妹島和世氏により設計されました。そのため、開館以来、葛飾北斎の名作を鑑賞するだけでなく、建物を見学にいらっしゃるお客様も数多くお迎えしています。
建築に興味のある方々のご要望にお応えして、妹島和世建築設計事務所の福原光太氏による「すみだ北斎美術館たてものツアー」を実施いたします。
美術館の建設着工から竣工までの様子や建築の特徴、最新のデザインなど「すみだ北斎美術館」の建築の魅力を設計者側からご講演いただき、その後、建物内を歩いて巡るツアーです。皆様のご応募をお待ちしております。
  • イベント
  • 予告

ポーランド独立回復100周年記念コンサート

2018年11月11日(日) 〜 2018年11月11日(日)
 すみだ北斎美術館では、平成6年にポーランドのクラクフ市に設立された「日本美術・技術博物館」(北斎漫画にちなんで通称「マンガ館」)と館同士の友好関係の構築に向け、現在協議を進めています。
 ポーランドの独立回復100周年である今年、11月11日(日)の独立記念日に「ポーランド独立回復100周年コンサート」を、ニューヨーク、メルボルン、ウィーン等、世界11都市およびポーランド国内で11回開催します。アジア会場としては、すみだ北斎美術館が選ばれ、両館の友好促進の一環としてポーランド広報文化センターおよび駐日ポーランド共和国大使館が主催します。ポーランドを代表する室内楽団の一つである「シレジア弦楽四重奏団」の奏でる音色を聴きに、ぜひ、ご来館ください。