次回開催の企画展

  • 企画展
  • 予告

北斎のなりわい大図鑑

2019年4月23日(火) 〜 2019年6月9日(日)
本展では、北斎の新発見の肉筆画「蜆売り図(しじみうりず)」をはじめとした、北斎一門による江戸時代の生業(なりわい)が描き出された作品を展示します。
なりわいとは一般的に、生活をするための仕事を意味します。生活にむすびついている仕事はその社会のありかたを映します。江戸時代には、現在ではなじみのなくなってしまった職業がある一方、現代の商売のルーツになる生業も存在します。北斎の作品には、江戸時代の様々な働く人々が描かれています。仕事に注目して制作された作品もあれば、景色の中に登場することもあります。働く人々に向けられた北斎のまなざしを通して、江戸の生業をご紹介します。
会期
4月23日(火)~6月9日(日)(予定)
開館時間
9:30-17:30(入館は17:00まで)
休館日
5/7(火)、5/13(月)、5/20(月)、5/27(月)、6/3(月)
主催
墨田区・すみだ北斎美術館

 

観覧料

    一般    高校生・大学生      65歳以上     中学生     障がい者   
  個人     1,000円          700円     700円   300円   300円
  団体      800円           560円   560円   240円   240円

※団体は有料のお客様20名以上。 
※小学生以下は無料。 
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。 
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。 
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いします)。 
※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。​

前売券

■前売券の券種
      一般       高校生・大学生      65歳以上     中学生     障がい者   
  2019年3月23日から2019年4月22日まで        800円          560円     560円   240円   240円
  2019年4月23日から2019年 6月9日まで      1,000円           700円   700円   300円   300円

※会期前と会期中で販売価格が異なりますのでご注意ください。
※一般の方以外は、入館の際に身分証のご提示をお願いする場合があります。
※小学生以下は、無料で入館できます。
※販売枚数は、お一人様につき10枚までとします。
※団体(20名以上)の場合は、美術館に事前申請し、美術館で入館日当日に購入してください。
※会期中の観覧日に限り、常設展もご覧になれます。

■販売期間
2019年3月23日(土)から6月9日(火)の会期終了日まで
※無くなり次第、販売終了となります。

■販売場所
・第一ホテル両国(墨田区横網1-6-1)
・東武ホテルレバント東京(墨田区錦糸1-2-2)
・モクシー東京錦糸町(墨田区江東橋3-4-2)
・両国ビューホテル(墨田区両国2-19-1)
・吾妻橋観光案内所(墨田区吾妻橋1-23-20)
・産業観光プラザ すみだ まち処(墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ5F) 
・両国観光案内所(墨田区横網1-3-20 -両国-江戸NOREN 1F)
※販売開始時間は午前9時から (まち処と両国観光案内所は午前10時から)
※すみだ北斎美術館1階受付では、3月23日(土)から4月22日(月)までの期間に限り、
前売券を販売します。販売時間は午前9時30分から午後5時までとなります。

  • 企画展
  • 予告

綴プロジェクト 高精細複製画で綴るスミソニアン協会フリーア美術館の北斎展

2019年6月25日(火) 〜 2019年8月25日(日)
日本美術の宝庫として知られるフリーア美術館(米国ワシントンD.C.)は、所蔵品に関して門外不出の方針を貫いているため、現地を訪問しない限りその秀逸なコレクションを鑑賞することはできません。そこで本展では、京都文化協会とキヤノンが主催する「綴プロジェクト」(文化財未来継承プロジェクト)の協力を得て、同館が所蔵する膨大な作品群の中から、北斎の肉筆画13点を選抜し高精細複製画を制作、これをすみだ北斎美術館が所蔵する約130点の関連作品と共に展示します。六曲一双の大作「玉川六景図」に関する詳細な研究をはじめ、肉筆画の「波濤図」と版画の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の波の表現を比較展示するなど、最新鋭のデジタル技術と本物の作品の競演によって北斎芸術の真髄に迫ります。

国立スミソニアン協会フリーア美術館
1923年にアメリカのワシントンD.C.に設立された美術館で、スミソニアン博物館群のひとつです。所蔵作品は、実業家チャールズ・ラング・フリーア(1854-1919)が、収集した美術品をはじめ約2万6,000点(うち日本美術は1万2,700点)に及びます。中でも北斎の肉筆画は世界屈指のコレクションですが、フリーアの遺言により門外不出となっているため、現地でしか鑑賞することができません。

綴プロジェクト(正式名称:文化財未来継承プロジェクト)
オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン株式会社が推進している社会貢献活動です。キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と、京都伝統工芸の匠の技との融合により、屏風や襖絵、絵巻物など古くから日本に伝わる貴重な文化財の高精細な複製品を制作し、寺社や美術館等に寄贈しています。
会期
6月25日(火)~8月25日(日)
開館時間
9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日
主催
墨田区、すみだ北斎美術館
特別協賛
キヤノン
特別協力
スミソニアン協会フリーア美術館
協力
京都文化協会